病児保育室「こあら」のご案内

病児保育室「こあら」は、彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町の委託により開設しています。
保育園や幼稚園などに通園しているお子さんが、風邪をひかれたり、熱を出されたりした時に、保護者が仕事などの都合で、家庭保育ができない場合、保護者に代わって専任の保育士と看護師が昼間の育児を支援いたします。

病児保育室「こあら」のパンフレットができました。
下記のパンフレット画像をクリックしていただくとPDFファイルをご覧いただけます。(PDF:494KB)

施設内の様子

病児室こあらは季節ごとに部屋飾りを変えるなど明るい室内作りをしています。ブロック、積木、電車、自動車、おままごと、お人形、パズルなどいろいろな遊具を揃えています。
病児さんの体調が良い時は好きな遊具を選んで保育士と一緒に遊び、安静が必要な時には、絵本を読んだり、DVDを観たり、お絵かきしたりなどゆったりと過ごしていただければと思っています。
お家にいるような暖かいリラックスした雰囲気の中で過ごしていただけるよう心掛けています。

設備・備品等のご紹介

病児室こあらは、病院西側にある専用の入口から入室していただきます。2階のフロアーですので、手洗い、トイレも専用に設けています。
室内は、熱や風邪などの病児さんとインフルエンザ、おたふく、水痘などの感染症を別々に保育できるように隔離室を設けています。
ブロック、電車、積木、絵本、パズル、DVDなど体調や年齢にあった遊具を準備し乳児さんにもゆったり過ごしていただけるよう、ベビーベッド、ベビーラックなども備えています。